top of page
  • 執筆者の写真立誠図書館

『たまごのはなし』

著:しおたにまみこ

ブロンズ新社

<世界の入口となる本棚>


あるとき、目をさまし動き出した「たまご」が主人公。近くにいたマシュマロを相棒に部屋の中を探検し始めます。シュールで きもかわいい「たまご」なんだけど、話すことはどこか哲学的。「しってるかい? じぶんがかんがえていることは、はなさなければ あいてには ほとんど つたわらないんだって」知らず知らずのうちにこのたまごのとりこになってしまいます。印象的な絵は主に鉛筆で描かれているそうで、間違いなく絵が主役ではあるけれど、しっかり文章もついていて絵本ではなく絵童話(読みもの)に分類されます。大人にこそ読んでほしい絵童話です!





閲覧数:6回

最新記事

すべて表示
bottom of page