top of page
  • 執筆者の写真立誠図書館

『映画になった恐怖の実話』

鉄人ノンフィクション編集部【編】

TETSUJINSYA

<立誠小学校DNAの本棚>


個人的によく映画を観る私。本でもそうなのですが、基本的にノンフィクションの物が好きなので、今回のrecommendはこちらの本をすぐ手に取りました。同時に実話が映画になった作品が結構多いことにビックリしました。しかし、映画は脚色がされていたりするので、真実がどうなのか?までは本当のところ分かりません。本書は基本的には「真相はハッキリとは分かりません。」など書かれているので、「へえ~それが真実だったのか!」と知ることができ、個人的に興味深い本に出会ったな、というのが本書を読んでの感想です。もし、私と同じようにノンフィクションが好きな方はどうぞお手に取ってみてください!






閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page