• 立誠図書館

『コーヒーゼリーの時間』

木村衣有子

産業編集センター

<食べる本棚>


「コーヒーゼリーは飛ぶようには売れるわけではない」「マイナーな存在」などと冒頭で前置きされていますが、それでも多くのファンがいることは間違いないでしょう。なんといっても、コーヒーゼリーはかっこいい!つやつやの黒を基調にクリームやアイスなどの白が映える、苦みと甘みの絶妙のバランスで成り立っている冷たい甘味、他にはなかなかありません。本書では色々な店のコーヒーゼリーが紹介されていますが、どれもとてもデリケートに作られていて唸ります。通年メニューではなく暑い時期限定で出されることが多いコーヒーゼリー。これからが出番なのです。さあ、あなたもだんだんコーヒーゼリーが食べたくなる!





閲覧数:6回

最新記事

すべて表示