top of page
  • 執筆者の写真立誠図書館

『好日日記 季節のように生きる』

著:森下典子

PARCO出版

<食べる本棚>


季節感をたっぷり味わえる作品はないかと探していたときに出会った本。映画「日日是好日」の原作の続編だ。著者は40年以上お茶を習っているという。その長さにも驚くが、その長さをもってもまだ学ぶところが多いお茶の世界の奥深さに驚愕する。日々のお稽古の様子を書いたエッセイなのだが、季節の移り変わりやその一瞬一瞬、一期一会を丁寧に記録している素敵な文章。普段あまり意識しない二十四節気がとても身近に感じられる。立夏に近い今の季節、五月の風を感じながらぜひご一読を!



閲覧数:4回

最新記事

すべて表示
bottom of page