• 立誠図書館

『料理の旅人 KITCHEN TRAVELERS』

著:木村俊介

リトルモア

<食べる本棚>


フランス料理やイタリア料理がまだ日本では一般的でなかったころに、私費で海外修行を行い、現地の料理を日本に広めたシェフたちの体験談。

彼らはともに駆け出しの料理人であり言葉も不自由。人間以下の扱いを受けることもしばしばだったようですが、その状況にもめげずに(実際にはかなりめげていますが)、片っ端からあれもこれもと吸収していったその過程は興味深いものがあります。

彼らの熱源は、料理が現地の土地の文化に根差して息づくその姿をぜひそのまま日本に伝えたい、というものだったのだと思います。先人の熱き思いに乾杯!




10回の閲覧

最新記事

すべて表示