• 立誠図書館

『穴』

最終更新: 4月21日

ルイス・サッカー 作

幸田敦子 訳

<世界の入口となる本棚>


主人公スタンリーは無実の罪で矯正施設に入れられ、くる日もくる日も焼けた地面に「穴」を掘らされます。運が悪くて悪いことばかりが起きる、それは先祖代々続く運命。けれどスタンリーは諦めません!ここから脱出劇が始まります。張りめぐらされた伏線が見事に回収されるので、読後感は爽快。小学校高学年くらいから読めるので、やんちゃな男子におススメしたい1冊です。





22回の閲覧

最新記事

すべて表示